新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年09月15日

APIってご存知ですか?

SAEの話をしたからには次なる用語説明は
どうしても覚えてほしいのがAPI規格です

SAEとAPIって大切なんです
なぜこの二つがセット物で大切かっていうと・・・

SAEとAPIは
オイルを評価するための両輪としての基準なのです

そして規格というのは突然ふっとわいたように出てくるのではなく
時代とともに其の時代の最適な規格が出来上がってきます
自動車の歴史ともかかわりながら
徐々に変わってきています。
これからだってまだまだ変わっていきます

大切なこと
オイルの判断基準は粘り(粘度)と潤滑性能(摩擦係数μ)なのです
つまり粘りをSAEで表しているので
もうひとつオイルに必要な判断基準は潤滑性能ですから
それがAPIとなるわけですね

ですからSAEとAPI
是ひセットで覚えてください

更に、この規格は米国の基準です。
いやいやながら初期のころは欧州も米国に従っていましたが
今は違います。正直言いますが厳しさの点では欧州が勝ちます
昨今の地球温暖化の世界会議を見ていても判ると思います

ACEAやILSACだって大切だよ
と思う方大勢いると思いますが
SAEとAPIこの二つが最初に
アメリカにてスタートしたもので
粘りと性能を表す必要な規格でした

遅れてヨーロッパが独自の規格を作ろうということで
ヨーロッパでは最初にCCMC規格をスタートさせて
正式にEUになってからはACEAという規格になりました
ILSACは1990年、日米の自動車業界に正式に採用されたものです
まだまだILSAC歴史は浅いです

ですからアメリカで最初にスタートしたSAEとAPIは最もポピュラーで
古くから広く多く使われています

この二つを最初にきちんと覚えておけば
ACEAやILSACも自然と覚えていくと思います
またACEAやILSACのことは後ほど説明していく予定です

今回は一番基本のSAEとAPI
SAEと並んで大切な基本型APIもぜひ覚えましょうね

オイルの性能を判断する基準
それがSAEとAPI
オイルを扱う人間、販売するためにはお客様にオイルの説明しなければ
いけない時沢山あります
この二つをちょっと詳しく知っているとそれだけでも話も広がりますし
オイルの性能を言えるのでとてもいい気分になると思いますよ

オイルの規格について・・・実は長い長い歴史があるのです
普通はオイルの規格はISOという規格を使ってもいいかと思いますが・・・

ISO規格とは国際標準化機構のことです
International Organization for Standardization
工業製品の国際規格で、JISの世界版という感じですね
でもこの略なら IOSじゃないの?って思うでしょ
それはギリシャ語で平等とか均等とかの意味で「ISOS」という言葉が
起源となったようです
なぜギリシャか・・・それはあまりここでは関係ないけれど一応・・・

International Organization for Standardization(国際標準化機構)
略語で表そうっていうことですが、言語によって違いますよね
いろいろな国が手を上げたらしいですが、その中でギリシャ語が選ばれたと
いうことです。オリンピックも発祥地はギリシャだし、発祥となるものは
ギリシャが多いのかな

この話は余談でしたがおもしろそうな話って
案外覚えるきっかけともなりますね・・・・・

なんとISO規格は1947年からオイル全般を評価していました
・・・がISOはあくまでも工業標準の策定が目的の国際機関でその中には
自動車用内燃機関のオイルの判断基準はありませんでした

ISO規格はあくまでもオイルの粘りだけの規格であって
マシン油、油圧作動油・・・などはISO規格です
しかし、エンジンオイルに関してはAPI規格のSAが規格された年が1930年頃、
車の誕生が1921年(正式にはもっと前1918年頃から走り初めていたと言われるが)
現在で車歴史は100年ですね(えっ? まだそんなものなの?と言う方もいるかも
すごい進化の仕方ですからね)

API規格というのは、American Petroleum Institute 
アメリカ石油協会のことを言います
モーターオイルの規格を定める機関としては世界最高機関です
世界的にもAPI規格が広く知られているのです

車のオイルだって油だから
油の規格をするのはISO規格でもいいのかと思いますが
車の内燃機関のエンジンオイルは
単なる粘りだけを規格するISO規格ではどうしてもだめなのです

エンジンオイルには粘りの他にオイルの品質(潤滑性能)も
判断されなくてはなりません
つまり性能の変化の基準も判断するのです
その判断の基準が・・・

ガソリン用オイル(S)の場合はSの次にアルファベットをつけて
そのアルファベットが進むに連れて性能がより進化されているのです

SAからはじまり、今ではSMまでありますね
(表し方ですが、ガソリンオイルの時はS、ディーゼルの時はCですね)

SLができたのが2001年
SMができたのが2004年
規格が出来てから市場に浸透するまでの誤差が1年、
一般的な考え方ですが…

SMはSLより高い省燃費性能をオイルに要求しています
ということは、SMはSLの時よりオイルの省燃費性能基準が厳しくなったわけです
簡単に言うと、性能の悪化の下限(基準)が引かれたと言うこと
もっと簡単に言うと、一番悪い性能のSM規格の下限を決めたと言うことでしょうか・・・

もう2008年だからそろそろ次のAPIオイル規格「SN」が出てきても
いいとは思いますが、もうSNは実際に準備はされているのですが
なかなか製造のために必要な原料(特にGrV以上の合成油原料)や
添加剤がなかなか煮詰らないのが現状ではないでしょうか…
今までは少量しか使われていなかった高級原料が(化学合成油が基本となりますから・・・)
足らなくなるのが現状です。

なかなか「SN」規格ができても市場にまわってくるのは
さらに先になるかと思われます

ところで余談ですが
妻が言った、またまた初心者的疑問・・・

SAからSMまであるっていうけど
SIとかSKはないじゃない・・・?

なんて言っていましたが
なぜでしょう?
あまり深くは考えたことありませんが
SIは、S1( I と数字の1 )と間違いやすいから
そして、SKがないのはSKという大きな石油会社が他の国(韓国)に
あるのでそこと同じ名前になってしまうから文字を飛ばされました。

まあ今回はオイル規格の歴史を学びながらの説明でしたが
API規格の説明となるとどうしても
歴史的背景が大切だと私は思っています

進化前の規格をちょっと勉強すると元の体制などが理解できて
よりわかりやすいのです
粘りだけを見てはいけません
オイルは原料・添加剤などで大きくかわってくるのです
必ず性能も見なくてはなりません

だから工業用潤滑油で使われているISO規格をなぜ使わないのかとか
そういうこともわかっておいた方がいいです

エンジンオイルは奥が深いです
オイル(潤滑油)は単純ではありません
私も、頭の中身は
オイルの大きな柱から
枝葉がたくさん網の目のようにでていて
(自称オイルマトリックス)
その大きな柱と網の目がガチッと合体したのが
30歳前後だったと思います
それは早いって思うでしょうか?
でもそれは車のオイルの前に特殊潤滑剤を
(グリース・液体グリース・非拡散グリース・
電気接点グリース・含浸軸受油(合成油)等々…)
約8年間徹底的に研究開発をし続けたからです。
工業用潤滑油のISO規格も徹底して勉強と実践をしてきたわけです

いきなり車のオイルの世界だけをやっていたら
ここまではなかなかオイルのマトリックスははれなかったと思います
それほどオイルは難しくて奥が深い…だから楽しいんです

油の選択で結果がここまで変って来るとおもしろくなってきます

私は若いころから物理(核物理)が好きでしたから、
このオイルの世界に入ってきてもおもしろさは変わりませんでした

こんな私の説明ですが、初心者の皆様にも理解していただける位に
説明できたらと思っております

次回は、欧州規格はCCMCからACEAへ
次次回は、日本関連規格のILSACとJASO
次次次回は、オイルの中身…基油の種類と諸性能
・・・
・・・
しばらくず〜〜っとこんな感じで行きます・・・
これからもどうぞよろしく応援お願いします<(_ _)>



【関連する記事】
posted by オサト at 10:13| Comment(0) | 用語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

SAEって何ですか?

オイルの用語でSAEって何でしょうか?

これ基本ですが
結構しっかり理解している人してない人いますね

私の妻など、SAEをサエと読んでいたらしく
いつもサエの5W-30とか言っていました
私も、何も知らない人ってこう読んだりするのか・・・
なんて思ってしまいましたが、
さすがにサエと読む車関係者はいませんでした

SAE(エスエーイー)の意味、しっかりと理解してない人
割といると思います

そこでちょっとそこのところちゃんと理解しておいた方がよいので
佐藤風ですが答えますね

SAEとは、一言でオイルの粘りけ(粘性)のことを言います
一般的に
「オイルの粘度」なんて普通に言いますよね

略は、Society of Automobile Enjineers
(米国自動車技術者協会)のことです

まあそんな正式の名前より、世界的に通用している
オイルの粘度をいう時にポピュラーに使っている言い方という感じでしょうか

例えば5-30の 「W」 とは冬場の「Winter」の頭文字です
寒冷時のオイルの粘りけがWの前の 5 という数字に表しています
それはエンジンの中のオイルの測定が40度の時の測定です

このWの左の数字が小さければ小さいほど
サラサラとしてくる粘度の低いオイル となります
左の数字は、エンジンオイルの場合、数字は
0、5,10,15,20,25 まであります
(ギアーオイルの場合はまた違う設定となりますがこれはまた後ほど
説明する機会があると思います)

そして右の30という数字の意味は、高温時の時の粘度で
エンジンの中が100度になった時の粘性となります
よく右側は夏場の高温時の粘度という人がいますが、
それでもまちがいではありませんが、正式には夏場とつけない方が
いいと思います
なぜって夏でも気温は絶対に100度にはなりませんし・・・

この右側の数字は10から60まであります
10からはじまり、10,20,30,40,50,60 まであります
左と右の数字は、オイルの粘度の表し方で世界共通に決められているので
左と右の数字は、どこからどこまであるということは覚えておいて下さい

たまに大型量販店などで、国産メーカーなどは7.5W-40とか
17.5W-55などと大変中途半端な数字を表示しているブランドが
見受けられますが、残念ながら不正確です

なぜなら、ひとつのイメージでしかないのです
粘度の計算のときに使う粘度曲線は二次関数で惹かれており
その中間の数字というイメージでしょうが、上限値と下限値の
ばらつきの中に入ってしまうのが殆どであるため
どちらの表現をしてもかまわなくなるのです
つまり、7.5W-40であれば、5W-40または10W-40の
どちらにでもとれてしまいます。このような表示はメーカーは
するべきではないのです。

耳の痛い人がいると思いますが・・・
自動車メーカーの純正オイルの表示にも使われている時期がありました

話しを戻しましょう

エンジンオイルというのは、エンジン内のオイルライン(管)を通っていくものだから
必ず液体でなければなりませんね
近い将来、気体のエンジンオイル(ガス性のオイルとか)ができないとも限りませんが
今は液体ですね

物質というのは、気体、液体、固体があります
もちろん常温の温度域で考えての話です

固体は熱い寒いにかかわらずだいたい固体のまま(氷はもともとは液体)
気体も熱い寒いにかかわらずずっと気体のままです
(地球上・常温ではだいたいそうですが、特別な環境に対応した場合例外もあります)

では液体はどうでしょうか?
熱い寒いに応じて、気体になったり固体になったりするのです
だって水が沸騰したら気体(水蒸気)となったり、すごく寒かったら氷という固体に
なったりしますよね

エンジンオイルは液体ですよね 
だから常温域(この場合は-50℃〜250℃程度)の状態にでは液体のままです
その温度範囲を超えてしまうとエンジンオイルでさえ
固体になったり気体になったりしてしまうのです

でもオイルがエンジンの中のオイルライン(管)を通る限り
絶対にそういうこと(液体以外の相)があってはいけません
オイルの場合は液体を維持しなければならないのです
エンジンオイルが固まってはならないので、低温時のめやすがあるのです
(使用する原料によっては、そのもっている特性(物性)に差があるために
そううまくいかない場合もありますが…)

液体は必ず

流動点・PP (液体から固体に変化する時の境界温度)と
沸点・FP (液体が気体に変化する時の境界温度)

があります
この流動点と沸点は全ての液体の温度特性(物性)を知るための
大事なポイントです

この流動点とか沸点が高いほうがいいとか低いほうがいいとかは
工業製品によっていろいろな物性を持っているため一概に結論付けられません

エンジンオイルにもそれぞれ沸点・流動点があってそれがオイルのもっている
温度特性の性能となっていくわけです

どの辺の沸点、流動点がいいかはオイルの種類にもよるので
一概には言えませんが、規格がどのオイルにもついているので
それぞれのエンジンオイルの性能を見るために
大切な資料となっていくわけです

その数値を見慣れてくると、鉱物油系か、合成油系かまたは
100%合成油か程度の予測をつけることは出来ます
まあつきつめて言えば奥の深い話になり
終わりが見えない話になっていきますので…この辺でストップしましょう

最後にまとめとして
なぜ5W-30とかいう言い方をするのかというと
知りたい商品の温度特性(性能)を知るためのデータであると言う位に
覚えておくとよいと思います
決してオイルの持っている潤滑特性までは、この数値ではわかりません

もっと深い話はまた今度話をしましょう

ではまたオイルの勉強頑張りましょう








posted by オサト at 13:20| Comment(0) | 用語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

私風の解説だけれど・・・車のオイルについて一緒に勉強しませんか?

車のオイル(潤滑油)って
車にとって本当に重要なんです

わかりやすく言いますと・・・

人間に例えればすごく簡単です

人間の体が動くためには
心臓が動いていなければならない
そして心臓が体全体に血液をまわすわけです

まず人間の心臓部分が、車でいうとエンジンです
エンジンは人間の心臓部分・・・とっても重要です

そして心臓から体の隅々までに
栄養分を届けるための血液が人間には流れています
その血液の役割が車でいうとエンジンオイルなのです

大雑把な言い方でエンジンオイルと言ってしまいましたが
厳密にいうと、車のオイル関係全てが
(エンジンオイル、ギアオイル、ブレーキオイルなど)
人間の血液の役目だと思って下さい

人間の体の血液が、車のオイル(潤滑油)にあたるということなのです

血液もいろいろな種類があって機能も目的も違うように
車のオイルも種類も目的も違うオイルがありますが
ようするにオイル(潤滑油)全体が人間に血液ということですね

どうですか?
この基本的なこと案外大切です
だからオイルって車にとってひじょうに大切な役目であること
よーく認識してくだされば嬉しいです

それから人間は食べていかなければ行動できなくなります
生きていくために食べなくてはいけない
食料をとらないと行動できません
そうです人間の食料が車でいうとガソリンなのです

ガソリンを補給しながら車はエンジンを回して走るわけで・・・
エンジンが回ると潤滑油がエンジン全体に回っていく
(現在はキーをいれただけで潤滑油がエンジンに回っていく高級車も
あるが、その話は後々ということで)


私達の体に流れている血液
いつもきれいにしたいものですよね
血液がもし汚れだして汚くなって・・・あげく真っ黒でどろどろになったりすると人間は
脳梗塞だコリステロールがたまるとか、血液が詰まったりして
詰まった先は腐ってしまう、神経にも体にもどんどん影響でます・・・
いろいろ病気が出て、そして最後は心臓が止まってしまうと人間は死んでしまいます

私達の体の中の血液がきれいで流れがスムーズだったら気持ちいいでしょう
病気だって防げます

車のオイルだってまるきり同じ事
人間の血液の役割をしている車のオイルは
できるだけきれいな性能のいいオイルを使ってください

オイル交換・・・人まかせで決めていませんか?
そんなことすると値段が高いだけで性能がよくないオイルを
平気でいれられてしまうことだってあるのです

オイルによって性能全然ちがいます
自分の車なんだからオイルくらいぜひ自分で選んで決めてあげて下さい
もっと自分のお車のことさらに理解して
自分の車にあう、エンジンをよりスムーズに動かせるいいオイルを使うように・・・
自分の目で見てオイルを選んでいきたいものです

女性だって、車についての知識が対してなくても
自分の車にどのオイルを入れるか等
そのくらいのことを点検時に言えたらかっこいいと思います

だからオイル用語や簡単な豆知識・・・それだけでもだんだんとわかってきて
用語覚えたりしてくるとオイルに対してきっと興味も深まってきます

自然とオイル選びができるようになってくるんです
そしてさらにオイルが詳しくなると
車乗ることがよけい楽しくなるはずです

オイルの基本から専門まで・・・結構話飛ぶかもしれませんが
皆様が理解して頂くと大変嬉しいです
そして今までオイルに興味なかった人でも
これから少しでも興味を持ってくれたら嬉しいことです

簡単なことも難しいことも私が知っていることを
ここで書いて皆様のお役にたてることを願って・・・
どうぞ皆様沢山気軽に遊びにきて下さいね

posted by オサト at 20:23| Comment(0) |  朝 礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp    Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。